児童施設デイサービス ココステージ

お問合せ

開設運営支援

お水がでないときは・・・

暖かくなってきたような今日この頃ですが、個人的にはまだまだ寒いです。

先日城東教室では、水道管メーター交換の為水使用禁止の日がありました

その時間、約15分。

午後からということで、午前の内から水をため始めます。

手洗いやおやつ作りようのお水。

トイレには、バケツに水をためて紙コップも用意。普段15分でどのくらい水を使っているか分からないので、

とりあえず貯めれるものに貯めていきます!!(‘◇’)ゞ

そして、14:30頃ついに水使用の時間が!!

なんとタイミングのいいことか!子どもたちも帰ってきました!!( ゚Д゚)

次々に帰ってくる子どもたちに、水が使えない説明をしていきます。

トイレに行きたい子には、トイレの流し方を説明。

いつもと違うので、戸惑う子もいましたが、じっくり観察して自分なりに状況を確認していました(。-`ω-)

子どもたちが手を洗う時は職員が水を流しますが、職員が手を洗う時は子どもたちにヘルプです!

水筒の中身を流していいの?という風な顔で恐る恐る流してくれました

15:00頃になって、水使用解禁

ようやく水が自由に使えます(*’▽’)

と、言っても普段と変わらないのですが(笑)

水道から水を出してる様子を見て、少しほっとしている子や「防災訓練みたいだね」と感想を言ってくる子がいました。

この地区は、昨年の台風でも大きな被害はなかった区域なので、貴重な体験になったようです。

それは、職員も同じです。教室にいるときに、何かが起こったら・・・というのは予測できないものですから、

今回は本当にいい経験になりました(`・ω・´)

今後、断水したときにはこの経験が役に立ちますように

でも、何もないのが1番ですね(笑)

貯めて余った水は、職員が責任をもって食器洗いや掃除に使用しました。冷蔵庫に入れていた分は、冷たかったです