避難訓練

ココステージでは、半年に1回避難訓練を実施しています。

 

ココステージ那覇での、避難訓練の様子です。

火元⇒キッチン

時間、プログラムの時間(4時45分)

流れは

火元発見⇒初期消火⇒通報⇒避難⇒点呼

となっております。


 

那覇教室で、お子様が参加しての訓練は初めてです。

職員は少し緊張しています。

DSCN0860

まずは、説明です。

訓練ですが、非常ベルが鳴るので、子どもたちを不安になせないために、1度聞かせ落ち着いて行動できるように説明します。

ルールは以下の通りです。

ひなんくんれんをします。
                           
①あんぜんに                    
②こうへいに                    
③ぜんりょくで                  
                           
くんれんのしかた                
                           
せんせいのはなしをききます。        
                           
せんとうのせんせいのうしろをあるきます。
                           
きいろのせんのなかでまちます。      
                           
あわてないで、ゆっくりこうどうします。  
                           

 

このルールにのっとり訓練をします。

職員が悪い例をします。

非常ベルが鳴って、職員が慌てて走り出す。

お子どもたちにどこが悪いか聞きます。

「ココステージの中は走らない。」とか「走ったら危ない。」

などの意見が出てました。

 

次に職員が良い例をします。

ベルが鳴ったら、先生の話を聞き、落ち着いて行動します。

2つを見て子どもたちは自分のするべき行動を、考えます。

 

 


では、非常ベルが鳴ります。

初期消火をして、火元が消えないため、消防に連絡、避難の開始。

ヘルメットをかぶり職員の誘導により、姿勢を低くして玄関まで移動します。

DSCN0854

慌てないで、靴を履きます。

みんな、落ち着いて行動できています。

DSCN0859

無事に、外まで避難できました。

点呼を取り、教室に戻ります。

DSCN0857

反省点を、述べるつもりでしたが、みんなよくできていました。

みんなに「〇(マル)!!」

今回の避難訓練は、無事終了いたしました。

 

次回は、半年後です。

2 人がいいねしました。