岡田屋へ行ってみた。

まいど!!

ココステージ宝塚の黄色い鬼改め、浦島太郎です!

いつもの事ながら神出鬼没、ココステージのあらゆるところに現れます。笑

そんな今日は玉出教室に出没中☆

 

 

2月のあるお昼時、ココステージ宝塚から車を走らせとある場所へ

 

走ること約10分、着いたのは…

 

 

 

 

 

 

イオンモール伊丹昆陽

 

 

え、イオンモールやんか!」「岡田屋ちゃうやん!」って?

 

実は、タイトルにある岡田屋こそがイオンなのです!!

というのも…

時をさかのぼって259年前の1758、時はまだ江戸時代。

岡田惣左衛門(初代) が三重県四日市市に岡田屋を創業します(当時の屋号は篠原屋)

当時は店舗を持たない行商形式で、麻・綿織物を扱っていたそうです。

その後、屋号を岡田屋に改称し店舗を持ち事業を拡大します。

1969年には、関西の会社2社と提携し現在のイオンの前身であるジャスコが誕生しました。

(ジャスコは皆さんも聞いたことがあるかもしれません(^^))

そして2001年に現在の社名であるイオンに改称(グループとしての改称は1989)しました。

 

このイオン(AEON)は、「永遠」を意味するラテン語が由来で、

読み方は現代英語の発音が基になっているようです。

 

 

 

…というわけで、今回も豆知識をしれーっと放り込んでみましたが、話を元に戻しましょう()

 

 

この日はイオンモールで昼食自由行動

 

おやつを買い食いするもよし、

イオンモールを縦横無尽に見て回るもよし、

気になる本を買うのもよし、

ウィンドウショッピングでのんびりするもよし、

ゲームセンターでUFOキャッチャーに挑むもよし

…お昼ご飯に何を食べるのかも、その後にどこに行くのかも、すべてお子さんにお任せ!!

決まっているのはココステージに戻る時間だけ

 

 

 

しかーし!!腹が減っては戦()はできぬ!!!

まずはフードコートでランチタイム\(^o^)

 

フードコート内をじっくり見て回り、何にしようか探すお子さんたち。

お昼時ということもあり、多少の行列に並んでお目当てのものを注文!

みんな揃ったところで、いただきまーーす!

ブログ用

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯も食べ終わり、近くにあった駄菓子屋に興味を持ったお子さんと一緒に

おやつのお買いもの(*^_^*)

「どれにしようかなー?」と嬉しそうに選んでます!

9ブログ用

 

 

 

 

 

なぜでしょう?駄菓子屋に来ると心がワクワクしちゃうんです。笑

指導員も一緒になってテンション上がってました

DSC_4434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるお菓子を見つけ、「これいくらするんやろ?」

値段とお小遣いの金額を照らし合わせて考えます。

そんな彼女に、値段を教えてあげた後に放った一言が…

 

「高いー!!安くしてもらおうかなー?()

 

そうきたかwww

高いと思ったら即、戦闘態勢(値切り交渉の準備)!

その発想、ナイスセンスだ(o)

きっと将来、家計のお財布を握っても堅実にやりくりしてくれるのでしょう()

 

そんなコミカルなやり取りをかましながらお菓子も選び終え、お会計へ

もちろんこれもお子さんに一人で任せます!

指導員は一歩引いて見守っています

 

無事にお会計も済ませ、おつりを財布にしっかりしまって買い物完了\(^o^)

めっちゃ満足そうな笑顔が印象的でした!

 

 

 

別のお子さんは、ご飯が終わるとゲームセンターへ直行

お小遣いをメダルに交換してLet’s play!!!

ブログ用4ブログ用3

 

 

 

 

 

 

 

いやー、近頃のメダルゲームってこんなに進化してるんですね()

グラフィックも綺麗になってるし、手元の感覚も画面と連動するようになっていて

技術の進歩に改めて感心しました。

 

あーだこーだとはしゃいで遊んでいたら、あっという間に時間が経ち、

帰る前に本屋でお買いものしてココステージへ戻りました

 

 

 

 

このように、ココステージでは療育の一環として

不定期ではありますがショッピングセンターへの外出も行っています。

これにより、

・店員など、普段関わる機会の少ない人とのやり取りなどによりコミュニケーション力(社会性)

・お小遣いの範囲内でそれをどのように使うのかといった金銭感覚

・財布に入れたお金や購入したものを自身でしっかり持っておく管理意識

・いくら使えばあとどれだけ残るのかという計算力

・限られた時間で自分が行きたいところを選択するという自主性・判断力

などを伸ばしていこうと考えています。

 

日常生活で利用するであろう場所へ、より日常生活に近い状況で外出すること、

そして、実際に“本物のお金を出して自分でモノを買う”という行為を経験することが

ココステージの方針でもある“自立を目指した生活習慣の獲得”にも繋がっていきます。

そのための行事やプログラムを、指導員一同じっくり考案しておりますm(__)m

 

 

 

こうした外出イベントもまた行う予定ですのでお楽しみに\(^o^)

4 人がいいねしました。