社会見学 in クリーンランド

IMG_3810 2GW真っ只中の5月4日には、社会見学として豊中市伊丹市クリーンランドへ行って来ました。

伊丹教室と帝塚山玉出教室のお友達も一緒です

4月1日にオープンしたばかりの真新しい施設でしたので、「ごみ」とは少しかけ離れた印象を受けましたが、早速見学スタートです。

まずはスクリーンを見ながらの説明があり、みんな真剣に聞いていました。IMG_3813 2収集されたごみが集まるプラットホームでは、ごみを不燃ごみピットや貯留ヤードと呼ばれる場所へ搬入する役割があるようです。

説明を聞きながら、時には映像も見ながらメモを取るお子様もいました。

IMG_3820 2

ごみが普段どのように処理されているのか、実物大のパネルや断面図を用いて展示されていて、より理解を深める事が出来ました。

 

IMG_3832 2

 

場所を移すと、蒸気タービン発電機模型というものが展示されていました。

ごみを燃やした時に発生した熱をボイラと呼ばれる機械の内部の水と熱交換して、エネルギーとして生まれ変わる仕組みや構造を体感出来るものです。

体感型展示物はお子様の興味を惹くものが多く、体感する事で より理解しやすいのではないでしょうか。

IMG_3840 2「環境を見つめる」という事で展望台に来ました

写真を見てお分かりの様にお子さんが1人蹲っているように見えます・・・

 

IMG_3839 2

 

が、ご安心下さい

ガラス越しに地上を見ているだけでした。

ガラス越しとはいえ、10階から地上を見下ろすだけで鳥肌が立ちそうですが、お子さんは平気なようで涼しい顔をして覗いていました。IMG_3844 2ごみはどのようにして焼却炉へ辿り着くのか、実際に見てみると、6本脚の大きなクレーンを使用している事が分かりました。

お子様もクレーンの大きさに少々圧倒されながらも真剣にクレーンを見ていました。

ごみについて見て、知って、体感する事で、クリーンランドではどのように処理されているのか勉強する事が出来て、さらには環境についても今まで以上に深く考える機会となりました。

お子様だけでなく、私達指導員も貴重な時間を過ごす事が出来ました。

このような社会見学は、お子様にとって貴重な経験、財産となるので、定期的に今後も行いたいと思います。

見学を終えた後は、クリーンランド近くの河原でおやつを食べて、スカイランドHARADAで思いっきり体を動かしましたIMG_3855 2

1人がいいねしました。