阿倍野防災センターで災害体験ツアー!!(≧∀≦)

2月20日の土曜日は、事前に予約をしていた
阿倍野防災センターへお出掛けをしてきました。

入り口前には小さめのサイズですが、実際に消防車に搭載してある機材を積んだ消防車がありました。(゜∀゜)

「このスイッチ押していい?」
「本物のホースやん!」
「このメーターって何?」
「後ろの席が狭い!」
そんな話をして消防車を隅々まで見てから皆で来館記念にパシャリッ!
若干1名のお子さんは消防車目線になっていますが、そこは気にせず・・・(-∀-;)

image (1)

今回は災害体験のツアーの60分コースに
申し込み、ガイドさんの説明を受けながら館内を回りました。(^^)

最初に「地震が発生したら」という話から始まり、お子さんは真剣にガイドさんの説明を聞いていました。

学校でも防災訓練が行われている事もあり、災害時にはどのような事をするべきか、お子さんにとっては復習する機会にもなりました。
もちろん、私達指導員も改めて災害時について勉強出来る機会にもなりました。

簡単にガイドさんの説明を受けてから、バーチャル地震コーナーへ移動しました。
地震に関する情報を大きな画面映像と振動装置を使用してニュース形式で紹介されています。
バーチャルとはいえ、大地震が発生した時の迫力のある映像と再現された地震の揺れを体験し、地震の怖さを肌で感じました。(((゜д゜)))

バーチャル体験を終えると、地震発生直後の室内が再現されている、火災防止コーナーへ移動しました。
地震の後の2次災害となる火災を未然に防ぐ為に、ガスコンロやストーブの火を消していきました。

火を消す事が出来ると、赤く光っていたランプが緑に変わるので、分かりやすいです。(^^)
全てのランプが緑に変わってから最後にブレーカーを落として2次災害の予防が完了となります。

ブレーカーを落とすと、室内は真っ暗になり、外からの情報もなかなか入って来ないので、
懐中電灯とラジオは必須アイテムですね。(^_^)

image (2) image (3)

次のコーナーへ移動すると、室内が煙で充満している通路に出て来ました。

煙は空気より軽いという性質があり、その性質を利用して姿勢を低くし、タオルやハンカチ、無ければ衣類の袖口を口元に当てて速やかに避難する体験をしました。

ガイドさんの教えをしっかり守って低い姿勢を保ったまま通路の抜けると、初期消火コーナーへ移動しました。(^▽^)
食堂の厨房から火災が発生したという設定で消火活動を行います。

手順は簡単!!
①消火器の安全ピンを抜く。
②噴射口を炎に向ける。
③レバーを握る。

これだけです!(^ω^)

炎の一点に集中して消火するのでは無く、全体的に満遍なく消化剤を掛ける方がより早く火を消す事が出来るようです。
消火器は20秒程しか使用出来ないので、消火器で消えない炎は消防へ通報して速やかにその場から離れるようにしましょう!((゜д゜)))

1456367429

消火体験を終えると、119番通報コーナーに。(・∀・)
ここでは携帯電話、公衆電話、家庭用電話の3種類から119番に通報する体験が出来ます。
各電話によって119番へ通報する手順があるようで、ガイドさんの話をしっかり聞いてから実際に通報体験しました。

目の前の画面に救急編か消防編のどちらかがランダムに出て来ますので、受話器を持ったまま画面に出て来るテロップ通りに言えば次の画面に切り替わります。
とは言っても、相手はコンピュータなので、テロップ通りに言っても認証されない事も・・・(^^;)
そんな時は何度も根気強く繰り返して言う事で認証してくれるようです。

image (5) image (4)

場所を移すと展望台のように、バーチャル地震コーナーで紹介されていた。地震発生直後の街並みが一望出来る所に。(゜∀゜)

建造物の素材によって被害の大きさが異なる事を目の当たりにする事が出来ます。

写真の中に1つ大きめのモニターがありますが、その内容は秘密です!

災害体験ツアーもいよいよ大詰め!
今回の目玉イベントとも言えるであろう、震度7地震体験コーナーへ。(≧∀≦)

過去に発生した東日本大震災等、大規模な8つの地震波を選択して、その地震の揺れを再現・体験出来ます。今回は1995年に発生した、阪神・淡路大震災の地震波を選択し、当時の揺れを体験しました。

image (6)

阪神・淡路大震災の揺れを体験した後、今後起こり得るであろう、東南海地震の予想される揺れを体験しました。

手すりに捕まって立ったまま揺れを体験しましたが、実際は立っていられない、というより身動き出来ないのでは、と思います。

予想データに基づいた揺れとはいえ、前もって東南海地震の規模を体験出来た事は貴重なものとなりました。
地震はいつ、何処で発生するか分かりませんが、常日頃から対応出来るようにする必要があります。
今回参加したお子さんも、災害についてなにかしら感じてくれたのではないでしょうか。

災害体験ツアーを終えると、「これ着てみていい?」と消防士の衣装に興味津々なお子さんが。(☆∀☆)
子ども用のサイズから大人用のサイズまで、計6着ありましたので、実際に着てもらうとこんな感じに。

1456371947

なかなか様になっています・・・(((´・ω・`))
後姿も格好良く写っています。

まるで本物の消防士のようです。(^_^)ゞ
将来の夢は消防士になる事でしょうか?(・∀・)

実際に着てもらうと、「暑い!」とか、「重い!」という言葉が・・・((゜□゜;)))
消防士になるという夢を持っていたとすれば、一瞬で崩れた気がします・・・(^o^;)

なんだかんだ言いながらも、衣装が気に入ったようで、そのままマルチメディア学習コーナーにてツアーで学んだ事の復習も兼ねて、阿倍野防災センターのホームページに掲載されている、「災害危機一髪ゲーム!」をしました。

大地震が発生した時のシチュエーションを選んで、その時のシチュエーションに合った行動を2択で答える、というシンプルな問題に挑戦しました。

image (7)

ツアーに参加しただけあって、簡単に全問正解!
というお子さんもいてビックリです。(^^)
今回は60分のツアーでしたが、もっとシンプルな30分コースや、全ての体験が出来る100分コースもあるようです。

事前に空き状況等を確認しておくのが良いかと思います。(^ω^)
入場料も駐車場も無料となっていますので、気軽に遊びに行けるのではないでしょうか。(・∀・)

すぐ近くにはあべのハルカスがあり、路面電車があり、天王寺があり、と寄り道したくなるような
スポットでいっぱいですが是非とも皆様、一度阿倍野防災センターへ行ってみて下さい!!

1人がいいねしました。