恵方巻き♪ 今年は南南東!(((о^∀^о)))

1月30日の土曜日は少し早いですが、料理教室として恵方巻きを作りました。
早速準備に取り掛かりましたが・・・

「先生、エプロンの紐が結ばれん!」
「三角巾結んで!」
「これじゃ前見えへん!」
なんていう声が教室内に響き渡っていました。(((゜Д゜;)))

今回は評判の高い宅配寿司「銀のさら」の皆様のご協力のもと、
全員無事に準備が整い、いよいよ待ちに待った料理教室が始まりました。
image image (1)

まずは「節分ってなぁに?」という事で、資料を観ながら説明がありました。

暦の上でそれぞれの季節が始まる日を「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と言って、
これらの前日を「節分」と言います。つまり、4つの季節の分かれ目を意味するようです。
昔は立春前の節分が今で言う大晦日にあたり、新年に福を呼ぶ為に
邪気を払う様々な行事が行われるようになりました。

突然ですがここで問題です!
Q.節分に鬼をやっつけるのは何故でしょう?

image (2) image (3) image (4)

子ども達も指導員も一生懸命考えました!
「鬼がイケメンのお兄さんだからやっつける事は出来ない!」
なんて思うお子さんや指導員が若干名居たかもしれません。(^o^;)

A.災害や病気等の目に見えない恐ろしい出来事は鬼の仕業であると考えられていた為、
節分に鬼退治をするようになったからです。その代表が豆まきです。

雑学って面白いですね。(^^)
勉強になります!(`∀´)ゞ

次は「豆まきでやっつけろ!」という題名で、豆まきのルーツや意味を勉強しました。
昔、節分に「追儺(ついな)」という宮中行事が行われ、その行事のひとつにある
「豆打ち」が豆まきとして全国に広がったと言われています。

ここでまた問題です。
Q.豆まきに最も適した豆は何でしょう?

この問題、資料の中にはありません!
ブログ担当者が唐突に考えた問題です。( ̄∀ ̄)ニヤリ

A.大豆が最も適しています。
昔から大豆には神様の力が宿ると信じられ、これを魔物の目(魔目=まめ)に
投げつけて魔を滅する(魔滅=まめ)事が出来ると考えられていました。
他にも大豆には豊作の願いも込められています。

資料には無い鬼の雑学として、どの家にも「鬼門」と呼ばれる鬼が出入りする方角があるのですが、
鬼の角とパンツの柄はどの動物の物かちょっと考えてみて下さい。
鬼の角は牛の角、鬼のパンツは虎柄・・・
子、牛、虎、卯、辰、巳・・・
十二支の中に牛と虎が!(゜□゜;)))

そう!十二支で言う牛と虎の方角、つまり家の中央から北東の方角が鬼門になるようです。
因みに北東の真逆、南西の方角は「裏鬼門」と言われ、
玄関や台所のような水まわりを嫌う風習があるようです。

次は「恵方巻きってなぁに?」と題して、
恵方巻きのルーツと意味を簡単に勉強です。

恵方巻きは大阪で生まれた風習が話題となって
日本全国に広がったものです。

・福を巻き込む意味で巻き寿司
・巻き寿司は鬼が忘れた金棒
・鬼の金棒を食べる事で厄払い
・七福神にあやかって7種類の具を入れる。
・縁を切らないよう、包丁で切らずに丸ごと1本

image (5)

という意味だそうです。
そんな勉強をしてからいよいよ本題の恵方巻き作りの始まりです。(^∀^)
まずは作り方の説明を聞きながら実際の作り方も見ていきました。
子ども達は好きな具を入れたり、基本を忠実に守った具を入れてみたりと、
思い思いの巻き寿司を作りました。

心優しいイケメンの赤鬼さんや青鬼さんもお手伝いしてくれて、一生懸命美味しい巻き寿司を作りました。
赤鬼さんに見とれて作業が進まない、なんて事があったり無かったり・・・(-∀ー)

1454926590

そんなこんなで子ども達が自分で作った世界に一つだけの巻き寿司が完成です!v(≧∀≦)v
皆上手に作る事が出来ました!
自分で作った恵方巻きを持ってカメラ目線でパシャリッ!!
皆ドヤ顔です・・・(^^)
本当に美味しそうですね。食べたくなります。(^q^)

1454926718

子ども達が美味しそうな恵方巻きを作った後は、指導員も恵方巻き作りにチャレンジしました!
子ども達の視線は指導員が作っている恵方巻きに釘付けです。
「何の具を入れるのかな?」
「多分、アレちゃうかな?」
何てヒソヒソ話をしている声が聞こえてきたり・・・(^ω^)

そんな話に耳を傾けつつ、イケメンの赤鬼に見とれつつ、指導員も恵方巻きを完成です!

image (7) image (6)

全員で今年の方角、南南東を向いていただきます!(^o^)
目の当たりにすると意外と大きい恵方巻きですが、子ども達は大きな口を開けてかぶりついていました。
自分で作った恵方巻きは特別美味しいですね。

image (8) image (9)

余った具材を使って、握り寿司を作るお子さんも。(゜∀゜)
余っているものを無駄にしない、これも食育ですね。(^_^)

image (10) image

今回は子ども達はもちろん、私達指導員も貴重な経験を得る事が出来ました。
意外と知られていない節分や恵方巻きに関する雑学まで楽しく勉強する事が出来て、
また一段と賢くなりました。(`∀´)ゞ

今回、ご協力頂いた宅配寿司「銀のさら」の皆様、本当にありがとうございました。m(_ _)m

次回はどんな料理教室が開かれるのでしょうか!?
お楽しみに!!

1人がいいねしました。